メリットでもありデメリットでもある!希望を盛り込むと費用がかさむ

必要性や優先順位をはっきりさせる。

注文住宅の購入計画は家族全員の夢が広がりますね。でも多くの希望を実現させようとすると、費用がどんどん高くなるのが現実です。契約後の担当者との打ち合わせで、思った以上に予算が膨れ上がって驚いてしまうことはよくあることです。限りある予算で納得できる家をつくるには設備の必要性や優先順位をよく検討することが大切になります。特にキッチンなど水廻りの設備は充実させるほど費用がかかりますが、それほど必要でないものを省くことで予算を節約することが可能です。また壁紙や床材は材質やグレードによりかなり金額に差が出ます。例えばこだわりの海外メーカーの壁紙を使用するとかなり割高になるでしょう。そんな場合は海外メーカーのものをアクセントクロスとして一部使いにすれば予算も抑えられ、おしゃれな印象にすることもできます。

見落としがちな外構工事費用

中でも特に見落としがちなのが外構の工事費用です。注文住宅では家の設備や間取りに関心が行きがちですが、家の顔ともいえる外構にはかなりの予算がかかります。凝ったものでなくても数百万単位の費用になるので注意が必要です。駐車スペースやフェンスなど、日常生活や防犯上外せない外構工事については事前に予算を取っておきましょう。一方でガーデニング等、当面必要でないものはDIYで楽しみながら家族と作るのもコストダウンの方法の1つです。家族で作業することでより我が家に愛着が湧くかもしれません。さらにカーテンやシェードも意外にコストがかかるポイントです。オーダーではなく自分自身で採寸し発注すればある程度費用を抑えることも可能です。

建売住宅は数軒をまとめて売り出す頻度も高いため、その中から自分の好みのタイプが見つかる可能性があります。販売価格も上がることはなく、ほぼ完成している家が多いので、すぐに住めるのが利点です。