予算を調整できる

注文住宅は基本プランがあるのが一般的

注文住宅の依頼をするときには基本プランを選べるので予算調整をしやすいのがメリットです。ほとんどのハウスメーカーや工務店ではプランをいくつか用意していて、相談をする時点で大まかな費用感がわかります。予算から考えてプランを選び、納得できる住宅を建てられそうかどうかを考えるという流れで打ち合わせも業者の選定も進めることが可能です。業者によって注文住宅の価格水準にはかなりの違いがあります。延べ床面積の単価で金額が決まっている場合が多いので、広い注文住宅を建てるときほど費用は大きくなります。しかし、建てる家の延べ床面積の調整によって予算内に収めることも可能で、調整をしやすいのは注文住宅を選ぶメリットです。

追加費用についても調整可能

注文住宅の料金プランはあくまで基本料金が決まっているだけです。そのプランの範囲内で自由に住宅設計ができるようになっています。追加でコストのかかる住宅建材を依頼したり、高価な住宅設備を導入したりすることも可能です。基本プランに含まれていないことを要求すると費用が追加でかかりますが、個別に見積もりをしてもらえるので取捨選択をするのは比較的簡単です。予算に合わせて必要な設備を取り入れれば満足度の高い住宅を建築できます。追加費用については交渉をしてうまく減らせることもあります。あらかじめ注文住宅にかけられる予算がどのくらいかを伝えておくと交渉しやすく、必要な設備を安価に導入できる場合も稀ではありません。

新築一戸建ての購入を検討するときは、土地代や建築費の他、オプション費用など何かわからない費用が含まれている場合があるので、諸経費がどれだけ含まれているか、内訳をしっかりと確認する必要があります。